建設業許可とは

建設業業者が次に示す規模の工事を行う場合、建設業の許可が必要になります。
多くの許認可が取得してから事業開始になるのに対し、許可がなくても小規模なら事業ができる珍しい許可です。
ではその建設業許可が必要となる規模は下記の通りです。

  • 建築一式工事・・・1件の請負金額が1,500万円(税込)以上の工事、または延べ面積が150㎡以上の木造住宅工事
  • 建築一式工事以外の工事・・・1件の請負金額が500万円(税込)以上の工事

建築一式工事の他に土木一式工事という一式工事がありますが、一式工事とは複合的工事で総合的なマネージメントを必要とし、企画・指導・調整を行う工事です。
一式工事以外は専門工事と呼ばれますが、一式工事の許可があれば専門工事もできるわけではありません。

さらに建設業許可は大きく2種類に分かれます。
1つは特定建設業、もう1つは一般建設業です。
建設業者がどのような工事を請け負うのかによって、特定か一般かに分かれます。
両者の許可は一度取得すれば固定されるものではなく、特定と一般互いに変更することができます。
1つの工事の許可で、特定建設業と一般建設業の両方を取ることはできません。

特定建設業とは

特定建設業は、発注者から直接請け負う1件の元請工事について、下請けに出す金額が総額4,000万円(税込)以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)となる工事を行う場合に必要となる許可です。

  • 元請工事について、あまり下請けに出さない(4,000万円未満)場合、特定建設業の許可は不要です。
  • 下請け工事を請けて、4,000万円以上の孫請け工事を出す場合、特定建設業の許可は不要です。

一般建設業とは

特定建設業に該当しない工事を行う場合の許可です。

 

この他にも建設業の許可には「大臣許可・知事許可」、「29の建設業種」などがあります。
どのような許可を取得するかは、お話を伺ったうえで最適な種類をご提案いたします。