ご確認ください。行政書士のできないこと - 大阪相続相談ホットライン

楠井行政書士事務所

相談
無料

072-370-0952

無料相談年中無休24時間受付

ご確認ください。行政書士のできないこと

記事公開日:2020年2月12日

当サイトにも所々に記載していますが、行政書士には対応できない業務(内容によっては相談も受けることができないもの)があります。
下記にまとめて表示します。

 

●裁判所に提出する書類に関すること・・・弁護士、司法書士
例:調停などの紛争に対する手続き、相続放棄、成年後見(法定後見)

 

●法務局に提出する書類に関すること・・・司法書士、土地家屋調査士
例:不動産登記、表題登記

 

●税務署に提出する書類に関すること・・・税理士
例:贈与税・相続税の申告

 

相続などにおいては、複数の手続きが必要になることがあります。
そのときにお客様自身が「何をしないといけないのか」「どこに相談すればいいのか」といった整理をするのは大変です。また相談先が分かっていても、「誰に」というところで不安に感じられることが多いみたいです。
当事務所にご相談いただければ、信頼できる・人当たりのいい方をご紹介することができます。
窓口を一本化することで、お客様の負担を軽減いたします。

無料個別相談申込み

無料個別相談申し込み 詳しくはこちら

代表メッセージ

アクセス情報

楠井行政書士事務所
〒599-8116
大阪府堺市東区野尻町535-4
TEL.072-370-0952

くわしくはこちらへ

お問い合わせ・ご相談はこちらへCONTACT

無料相談

年中無休24時間受付

072-370-0952
Scroll Up