家族信託 - 大阪 相続

楠井行政書士事務所

相談
無料

072-203-1500

無料相談年中無休24時間受付

家族信託

このような方へ

家族信託でお困りの方はいませんか?

  • 財産管理を家族に任せたいが、家族信託の方法が分からない…
  • 家族信託を行う契約書の書き方で困っている…
  • 家族信託を専門家に頼みたいが費用が心配で踏み切れない…

家族信託は、近年利用する人が増えている財産管理の方法ですが、管理方法を巡ってトラブルになりやすい問題でもあります。希望していなかった方法で財産を処分されてしまったり、家族信託の問題が家族間のトラブルに発展するなど、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

しかし、家族信託の問題を放置しておくと、子どもや孫にも影響を与える事態にもなりかねません。例えば、築いた財産を失ったり、相続時に相続人に大きな負担を課すことになったりするおそれもありうるのです。

ここでは、近年増えている家族信託についてご説明します。

家族信託の利用方法と注意点

家族信託イメージ

家族信託とは、一定の目的のために、預貯金や不動産などの資産の管理を家族に任せる、財産管理の方法の一つの方法です。

財産管理の1つに成年後見制度がありますが、成年後見制度が認知症など判断能力の衰えた方の財産を守ることを主としているのに対し、家族信託は管理運用方法を当事者(家族)で自由に決め任せる点で異なります。

また、利用の手続きが簡単で裁判所への報告が必要ないなど、利用しやすいという利点があります。

具体的には、老後の生活に必要な資金を管理する目的で、所有している不動産の処分や管理を信頼している息子に託すような方法です。

家族信託には、次のようなメリットがあります。

  • 成年後見制度と違い、積極的に財産運用ができる
  • 財産の管理を頼む人と引き受ける人が契約書を作成すれば成立するので、手続きが簡単
  • 財産管理をする費用を払わなくても良い
  • 裁判所に報告の義務がないので、不動産名義の変更などで相続対策ができる
  • 管理を託された財産は差し押さえの対象から外れるので倒産を避けられる役割がある
  • 契約の範囲内であれば、管理を任された受託者一人の判断で財産を処分できる
  • 遺言書より一歩進んだ、自分の相続人の相続についても指定できる

他方で、家族信託にはデメリットもあります。

  • 認知症など判断力が不十分な家族に代わっての契約はできない
  • 財産管理を任せられた家族とその他の家族の間でトラブルになる可能性がある
  • 死後の財産の受け継がせ方が不公平だと他の相続人に遺留分減殺を請求されうる

このように、家族信託は、費用を抑えつつ、簡単な方法で相続対策まで踏まえた財産管理ができるという特徴がある反面、きちんと任せる家族のメンバーを選ばないと、頼んだ家族との関係はもちろん、死後に相続人どうしてもめごとに発展する恐れもあるのです。

それだけに、家族信託を任せる際には、適正な契約書を作成して財産管理の目的と管理を任せる財産の範囲をしっかり示しておくことが大切です。

家族信託を行政書士に依頼するメリット・デメリット

家族信託を利用したいけれど、誰に相談したらいいかお悩みの方のために、身近な街の法律家である行政書士に相続手続きを依頼するメリット・デメリットを紹介します。

行政書士に依頼するメリット

  • 家族信託の前提となる資産調査を依頼できる
  • 二次相続を踏まえた相談ができる
  • 家族信託の契約書の作成を依頼できる
  • 他の専門家に比べて安価で相談や契約書作成を依頼できる

行政書士に依頼するデメリット

    • 依頼料金がかかる

家族信託は、本人の存命中だけでなく、相続税対策や、相続人の相続も踏まえた長期的な財産の管理ができる方法です。
行政書士に家族信託を相談し、契約書の作成を依頼することで、安易な家族信託によって家族間に不信感が生じたり、財産を不正に処分されたり、相続人間のもめごとを割けることが期待できます。

家族信託は、弁護士や司法書士に相談することもできますが、弁護士は財産額によって費用が異なることが多く、司法書士は不動産の名義変更や登記手続きを前提としているために、費用が高額になりがちです。

行政書士は、資産調査や書類作成を専門としているために、ご自身の希望を優先しつつ、フラットな相談ができるということができるでしょう。
まずはご自身の家族や資産の状況が家族信託を利用するのに適しているのか、どういう財産を家族信託の対象にして、相続に向けた対策をとっていけばいいのかなど、幅広い相談がしやすいというメリットがあります。

楠井行政書士事務所に家族信託を相談した場合の3つの特長

家族信託サービスの特長

1.将来的な相続を踏まえた家族信託に精通

専門家向け相続セミナーの講師を務めているので、相続を踏まえた家族信託に精通

2.理系ならではの経済的側面からのアプローチ

家族信託は資産、すなわちお金に纏わる案件です。法的知識のみならず、ファイナンシャルプランに強い当事務所にお任せ頂ければ資産状況に応じたアドバイスができます

3.豊富な経験に基づく具体的アドバイス

開業15年の実績に基づいて、家族の状況に応じた家族信託の提案ができる

よくあるお問い合わせ

家族信託をご検討の方のお役にたつように、よくあるご質問にお答えします。

家族信託に向いているのはどんな家族ですか?

ご家族が近くに住んでいて管理の状況を確認できる、コミュニケーションが密に取れるご家族が向いていると言えるでしょう。楠井行政書士事務所では、そもそも家族信託を利用するメリットがあるか、ご家族の状況を踏まえたアドバイスをすることができます。

家族信託を利用したいですが、資産の状況が分かりません。

大丈夫です。資産の調査からご相談に対応しています。

死んだ後に家族でもめてほしくないのですが、そんな相談もできますか?

はい、大丈夫です。楠井行政書士事務所では、家族信託の先の、相続人となるご家族の関係を踏まえた対応のアドバイスを差し上げることができます。

料金のご案内

初回の相談 無料(2回目以降の相談 1時間5,000円)

ご依頼の費用は相続手続きの内容によって変わりますので、詳細な金額は問い合わせフォームにてお問い合わせください。

無料個別相談申込み

無料個別相談申し込み 詳しくはこちら

代表メッセージ

アクセス情報

楠井行政書士事務所
〒599-8116
大阪府堺市東区野尻町535-4
TEL.072-203-1500

くわしくはこちらへ

お問い合わせ・ご相談はこちらへCONTACT

無料相談

年中無休24時間受付

072-203-1500
Scroll Up